プロテオグリカンとは?

プロテオグリカンは、タンパク質と糖の結合物の一種で、肌や軟骨を土台のように支える細胞外マトリックスを、ヒアルロン酸やコラーゲンとともに形成している重要な成分です。プロテオグリカンは樹木状の複雑構造ゆえにヒアルロン酸と同等以上の保水力を有しています。そのためプロテオグリカンを摂取することで「潤いのある肌」や「しなやかな関節」などが期待できます。

プロテオグリカンの生理機能

細胞内でコラーゲンやヒアルロン酸の産出量を増やす。

女性の写真

プロテオグリカンの機能は単なる保湿に留まりません。ヒト細胞にプロテオグリカンを加えた実験では、細胞内でコラーゲンやヒアルロン酸の産出量も増えることが確認されており、これはコラーゲンやヒアルロン酸にはない、プロテオグリカン特有の機能です。歳を重ねるにつれてコラーゲンは減少し、ハリが無くなってシワやたるみの一因になります。同様にヒアルロン酸も減って、肌のみずみずしさが失われます。そこで、体外から補うために大量のコラーゲンやヒアルロン酸を含む美容液やサプリがよく摂取されますが、今後はごく少量のプロテオグリカンを摂ることでこれら成分を内側から増やすという新美容潮流も期待されています。

プロテオグリカン・コラーゲン・ヒアルロン酸の効能比較(経口摂取試験)

関節痛に「保水力」「鎮痛力」「再生力」のトリプル効果。

プロテオグリカンは年齢と共に悩まされる関節痛にも有効です。プロテオグリカンは、健康な関節を維持するために必要な「保水力」に加え、炎症を抑えて関節痛を緩和する「鎮痛力」や、軟骨の復元を促す「再生力」をトリプルで備えています。

再生の司令塔プロテオグリカン。

「細胞のよみがえり因子」と称されるEGF(上皮細胞増殖因子)と似た作用をプロテオグリカンが持っていることも判明しています。ダメージを受けた皮膚細胞にプロテオグリカン水溶液を添加したところ修復が進むことが確認されたほか、上皮細胞の新陳代謝の促進、関節炎の改善、大腸炎の症状緩和などの有用性も確認されております。さらに、プロテオグリカンにはごく少量で肌や軟骨の再生を加速する働きがあり、コラーゲンやヒアルロン酸にはない司令塔的な役割を担っているようです。体組織をレストランの厨房に例えると、コラーゲンやヒアルロン酸は、一介のコックさん。それに対して、厨房全体を整然とコントロールするとともに、自らもコックとして一騎当千の働きをするスーパー料理長の働きこそが、プロテオグリカンの真骨頂です。

PAGE UP